お金を借りたいと思った出来事

私がお金を借りたいと思った事は沢山あるのですが、最近のことでいうと、急な車の故障で、仕事が出来なくなってしまったときでしょうか(^^;)

私は保険の営業マンをしていて、毎日、取り引き先のお客さんのもとへ車を走らせて向かいます。
年間走行距離も、一般的なものよりも倍以上多いようで、車にも相当負担がかかっていたようですね。

ある日、いつものように車に乗り込み、エンジンをふかしてみてもなかなか掛からず…、あの時はとても焦りましたね。

その時は、お金を借りてでも車を用意しなければ、と思いました。緊急を要していたので、小額で良いので、仕事に使う車を買うためのお金を借りに、実家の母親に頭を下げてお金を借りましたね。
恥ずかしい思い出ですが、お金を借りたいと思った瞬間の1つです。

そして、他にもお金を借りたいと思った瞬間があります。

それは、私は数年前からスマートフォンのアプリゲームにはまっているんです。
最近、社会問題にもなっているスマホアプリの課金ゲームですが、その課金ゲームにどっぷりはまってしまった時です。

課金ゲームは、課金をすることで専用のガチャを引けるシステムで、ガチャから他プレイヤーと差をつけるためのレアなアイテムやキャラクターを引けます。
スマホアプリのソーシャルネットワーク内で、プレイヤー同士の競争心を煽るようなシステムになっていて、どうしてもこのプレイヤー達に勝ちたい!優位に立ちたい!という気持ちからお金を借りたいと思うようになりました。

1回ガチャを引くのに250円くらいでしょうか。
ですが、基本的に10連、20連とガチャを引かないと当たらない確率になっており、平気で1、2万と課金を繰り返してしまう人もいます。

自分もそこに足を踏み入れてしまいそうになっていて、お金を借りることを考えてしまった事があります。

何とか踏みとどまることは出来ましたが、私のように踏みとどまれずに課金して、借金までしてしまう人が増えてしまうのは問題だなと思いました。