マイホーム購入

35年ローンで新築一戸建てを購入しました。震災のあとで原発の心配はありあmしたが、思いきって買うことにしました。結婚してから10年間ずっとアパートに住んでまして、家賃を払っていました。10年間で総額1000万近く払っていました。賃貸の場合は払っても何一つ自分に残るものがなく、勿体なく感じ家の購入を決めました。

ですが、キャッシュで払うことは無理だったのでローンを組むことに決めました。もちろん、ローンを組むというのは抵抗はありましたが、どんどん金利も下がっていたこともあり、家賃と天秤に掛けた時、それでもローンを組んで家を購入した方がいいと思いました。

うちの組んだローンは固定金利だったこともあり、毎月決まっているので月々のお金の計算がしやすく目処が立ちやすいです。元々、前のアパートでも家賃を支払っていたので、少しは金額が上がりましたが、この金額の範囲なら払えると考えやすかったです。

今まで一度もローンを組んだことがありませんでした。その理由は、金利が勿体ないと感じるからです。欲しいものがあれば、我慢してお金を貯めて買っていました。そのおかげで無駄なお金を払うことなく今まできました。今では家の購入以外はキャッシュで買っているので、その無駄な金利の分を丸ごと貯金できています。

なので、その貯金で次に欲しいものをキャッシュで買うという良い流れができています。車を買うにしても、もちろんキャッシュです。私の知り合いに、何でもかんでもローンで買う友人がいますが、毎月ローンの支払いがある為、欲しいものがあれば、またローンを組みます。まさにローン地獄に陥ってます。

冷静に考えれば初めに一度我慢してお金を貯めれば、よっぽどのことがない限りやりくり出来るはずです。私からすれば金利まで払う余裕があるように感じます。住宅ローンはローンの中でも一番の低金利ということもあり決断しましたが、これから先ローンを組むことはないと思います。

これは私の見解ですが、家以外でローンを組む人はお金の管理ができない人間だと思ってしまいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です